Pocket

交通事故で弁護士に依頼することになったら、着手金が発生します。着手金とは示談交渉に必要となる業務処理費用のようなもので、正式に依頼した際に発生し、解決する・しないに関わらず支払う必要があります。また、示談交渉が成立しなかった場合や、訴訟で敗訴した場合でも返金されるものではありません。最終的に支払う報酬のことを成功報酬と呼び、この費用とは別に考えられています。弁護士事務所によっては、相談料無料、着手金無料となっているところもあります。

着手金については結果に関わらず支払わなければならい費用のため、依頼者にとっては成功報酬のみ支払うほうが効率がよいように感じるかもしれません。相談料無料、着手金無料にしているのは、その費用を広告料の一部として考えているためです。これらの費用を無料にすると、依頼者も気軽に相談しやすく依頼数が増えます。件数が多ければ相談料や着手金が無料でも利益ができるため、そのぶん値引きしているといった感じです。弁護士費用の設定は、高ければしっかりとした仕事をしてくれる、安ければいい加減な仕事しかしないといったことはありません。金額の設定はあくまでも法律事務所ごとの考え方のため、安くてもしっかりと仕事をする弁護士が所属するところもあるため、一概にいえないのが実情でしょう。

交通事故にあいこれから弁護士に依頼しようと考えている方は、着手金の金額相場を把握しておきましょう。具体的な金額を紹介します。